庭のお手入れに必要な剪定と伐採とその方法

きれいな剪定された庭というのは美しく、見ていて気持ちが良いものです。特に日本建築の家には、日本風の庭が似合い、大きな黒松が伸びて、品格と風情を創り出します。とはいえ、そのような庭やまた垣根は、きちんと剪定されていればの話であり、最初はきれいに揃っていたとしても、やがて数か月もすると、不揃いになって、ぼさっとした見苦しいものになってきますので、定期的な剪定が必要になります。剪定ばさみを購入して、自分で剪定する人たちもいますが、手の届くところができても、脚立を使うような大きな木や、またきれいに揃えるように切るというのは、見た感じよりもはるかに難しく、やはり専門のプロの植木屋さんに依頼する方が良いでしょう。夏の時期は庭工事が忙しく、予定がいっぱいに入って希望する日に来てもらえないかもしれないので、早めに依頼しておくことができます。



また場合によっては木が大きくなり過ぎて、庭の景観を損なってしまう、あるいは屋根の上までその木が育ち、秋や落葉の季節になると、それが雨の通り道やトユ、排水溝に詰まりをもたらしてしまうこともあるでしょう。そのままにしておくと木の陰になって部屋が暗くなり、外の景色が見えづらくなってしまうこともあります。そんなときにはチェーンソーでの伐採が必要になるかもしれません。その場合には、剪定業者や庭師に依頼するか、あるいはチェーンソーをリースし、それを使って自分で切るということもできます。あるいはのこぎりで地道にかなりの時間をかけて切ることもできるかもしれません。いずれにしてもかなりの重労働であり、きちんと木を倒す方向を決め、その方向に倒れるようにしないと、庭やベランダ、その他器物を破損させてしまう可能性があるために注意が必要です。そのような場合には何人かで協力し、ロープを使って倒す方向をリードすることができます。さらに大きな木の場合、移動式のクレーン、高所作業車をリースするという方法があります。それを使って、少しずつ余分な枝を落としていき、太い幹の木を伐採しやすいようにするのです。



庭木の剪定は、時間も費用もかかりますが、いつもきれいにお手入れされた庭は、いつ見ても美しく、穏やかな気持ちになれます。

PR
千葉市の伐採船橋市の伐採松戸市の伐採市川市の伐採柏市の伐採市原市の伐採八千代市の伐採流山市の伐採木更津市の伐採