素人でも頑張ればできる?!造園、植木について

植木を手入れしたり育てる事は、一般的に素人には難しいというイメージがありますが、植木の手入れの基礎などをある程度の知識を抑えておけば、こなせるものです。

最近では、ガーデニングブームの延長線上で、本格的な造園に取り組む人も増えてきています。またシニアの方で、元々、造園や植木が好きで、退職後に趣味で始められる方もいます。テレビの特集やインターネットでのサイトの充実などで以前にも増して、一般の方でも造園、植木に気軽に取り組めます。
ƒvƒŠƒ“ƒg
技術面なども大切ですが、自分の手で愛情を持って植木を育てる事もとても重要な事です。今から植木の置き場所や植え場所などの説明をしていきたいと思います。植木には陽樹と陰樹という種類があります。陽樹は日当たりを好む植木です。陰樹は半日陰を好む植木です。どちらとも一般的には潮風の当たる場所には置いてはいけません、潮風の当たる場所に置いてしまうと潮害になってしまう恐れがあるからです。

クーラーやガスの温熱器の近くに置く事も良くありません。夏は蒸れ枯れしてしまう可能性があるので風通しの良い場所に保管して下さい。水やりはとても重要で、土の表面が乾いてきたら水をたっぷり与える事が大原則です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL