輸入雑貨の楽しみ

 

海外の製品は、なかなか買うことができません。

しかし、Amazonなので個人輸入は可能です。日本で販売している商品とは違う、周りが持っていない製品を持てるのです。

但し、問題は送料でしょうか。

個人輸入で輸入雑貨を取り扱う程度では、商品数が限られてしまい、送料割引は難しいでしょうね。

 

輸入雑貨の水栄ならば、オンラインストアでの購入が、金額的にも現実的かと思います。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL