レパートリーが豊富なジョリパットの外壁塗装

今、マイホームを建てようと思っているのですが、非常に悩ましいのが、家の外壁の色です。

外壁の材料や色は、施工面積が広い分、家の外観そのものに一番大きな影響を与えるため、とことんこだわりたいと思っています。

プロヴァンス風住宅に憧れていたので、ジョリパットで仕上げてもらおうと思って、colorcubeという色の見本帳やのジョリパットのカタログなどを取り寄せてみました。

colorcubeは、本物のジョリパットを塗った数センチ角の小さなサンプルパネルがたくさん貼られていて、こんなに色のレパートリーがあるのか!と、びっくりしました。

仕上げは、コテ仕上げやローラーによる模様の仕上げなど、これもまた色々なデザインがあり、同じ色を使っても仕上げデザインによって、全く違った風合いになるところが面白いと思います。

実際、ジョリパットで家の外壁塗装をしたら、同じ材料で同じ塗り方で外構の仕上げをすることも可能のようです。そうであれば、個性的な色味や仕上げ方法を選んだとしても、全体に統一感が出れば、すっきり垢抜けたデザインになるのではないか?と感じました。

材料的には、大まかに分けると内装用と外装用に分かれているようなので、部屋の中もジョリパットにすれば、塗り壁風に仕上がるところも魅力的だと思いました。

おすすめの外壁塗装屋さん ⇒ 千葉の外壁塗装

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL